赤ちゃんは親の鏡


赤ちゃんを見ると親がどんな親なのか分かったりすることがある。


赤ちゃんがよく笑えば親もよく笑う親。
逆に、赤ちゃんがあまり笑わなければ親もあまり笑わない。


赤ちゃんが気性が荒ければ親もそうなることが多いように思う。


赤ちゃんの言葉数が少なければ親もあまり話さないとか。


赤ちゃんがいろんなことに興味がなければ
親が遊んであげていないなど赤ちゃんに接することが少ないとか。


赤ちゃんは身近にいる人をよく観察し
その人を真似して成長していく。


すべてではないが親の人柄や習慣に影響されて
良くも悪くも成長していく。


赤ちゃんを怒ってばかりいれば
赤ちゃんはのびのびとは成長できず
自信のない子に育ってしまう。


だから赤ちゃんに接するときには
よく考えてどのように反応すればよいかを
考える必要があると教えてもらったように感じている。


赤ちゃんだけに限らずすべての人にいえること。
人は良くも悪くも周りの人の影響を受ける。


赤ちゃんに接するように
人のことを考えてその人に最良のことをしてあげたいものです。

タグ:赤ちゃん

赤ちゃんから


赤ちゃんと接することがますます減っている現代。


赤ちゃんから多くのことを学んでいる。
現在3人の子供を育て一番下の子は1歳の赤ちゃんだ。


私が赤ちゃんから学んだことの一番目は
笑顔。


赤ちゃんの笑顔を見ていると疲れや嫌なことはどこかへ行ってしまい
なんともいえないいい気分になる。
この世に存在するものの中で一番力を持っているのが
赤ちゃんの笑顔だと思う。


いつでもどんなときでも自然な笑顔をする赤ちゃん。
親として接するすべての人に
赤ちゃんのような笑顔を見せられたら
世の中は少しだけよくなるような気がする。


赤ちゃんから学べることの二番目は泣くこと。


赤ちゃんはもちろん言葉を話すことができない。
だから会話は泣くことがほとんど。


しかし、赤ちゃんが泣くのには理由がある。
おなかが減った。
オムツを取り替えてくれ。
眠い。
具合が悪い。
甘えたい。


だいたい上記の理由だと思う。
非常に簡単なことだ。
これらの理由が分かっていれば対処の使用がある。
赤ちゃんに腹を立てていらいらするのは思い違いだ。


赤ちゃんとの会話がなくても行動や時間、
雰囲気で何を考えているのか分かるようになってきた。


これって大人と接する中でも同じようなことがあるように思う。


すべてのことを会話で理解しなくても
何を考えていて何をしたいのか。
いろんなことが分かってくるような気がする。


赤ちゃんの成長も驚くところだ。
おっぱいを飲むことを覚え、
親の顔を覚え、
真似ができるようになり、
手の使い方を覚えたり
寝返りを学んだり、
はいはいを学び、
つかまり立ちを覚え、
歩けるようになり、
言葉も覚え、
いたずらもする。


親が忍耐強く、優しく教え続ければ赤ちゃんは何でも学んでいく。
できないことができるようになってくる。


間違ったことを改善していけるようになる。
赤ちゃんの成長は著しいが、
同じようなことを大人に求めると
失敗は許されないことが多い。


忍耐してできるまで教えることは赤ちゃんでも大人でも
変わらずに必要なことだと思う。


今の赤ちゃんを含めた子供たち3人には
常に忍耐してじっと待ちできるまで教えていくことを教えられた。
親はこどもから学ぶことがいっぱいありますね。
タグ:赤ちゃん

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。